企業情報

トップメッセージ

大社長

社長からのメッセージ

私は、誰しもが認めるわがままなで自分勝手な人間。
ただし、これは長所。断じて短所ではありません。
やりたいことをやる、やり通すから人生は面白い。
死が訪れたときに、もう一度やりたいと思う人生を生きたい。

10代のころ目指したのはロック・ミュージシャン。
ヴァン・モリソンに憧れ、夕張をあとにして上京。
新宿ACB(アシベ)などのライブハウス(当時はジャズ喫茶と呼ばれていた)で、
ギターとボーカルを聴かせていました。
ところが、当時ナンバーワンバンドだったゴダイゴのギターリスト、
浅野孝己さんに「プロになるのは難しい」と言われて、プロミュージシャンの道を断念しました。

妻は当時私のファン。
結婚を申し込みに彼女の実家に行きましたが、彼女の父親にアフロヘアが嫌われて駄目。
じゃあと丸坊主にして訪ねたら、さらに駄目。
もうしかたがない、妻と一緒に夜行列車で札幌に駆け落ちしたのです。

心機一転サラリーマンへ。
営業の面白さに目覚めてがむしゃらに働き、やがて事務機販売会社として独立。
既製品を売っているだけではつまらなくなってソフトウェア開発を始め、
さらに建築事業部もつくりました。
病気はしましたが、意思と頭脳は健康そのもの、これからも新しいことをやり続けます。

株式会社工房

代表取締役 成田正史