大社長の言いたい放題惜しまれつつも終了(2002・1・20)

21世紀の幕が開いた2001年1月1日、世の中の先行きを憂いでいた大社長は、

決起し自社のホームページの隅っこに自前の論理をぶちまけていましたが、

年のせいか年々丸くなり全てゆるせるようになってしまいました。

そこで好評だった大社長の言いたい放題は2002・1・20をもって終了させていただきます。