技術者募集要項
プロジェクト概要

TOP製品情報会社案内採用案内リンク
北海道の鉄筋コンクリートの家バスへの提案お聞かせ下さい


写真提供/北の大地の贈り物 Photo by (C) RARURU.
”北海道の家”構想

”北海道の家を首都圏でも”は結構前から考えていたが、弾みのつくことが幾つかあった。
発端は首都圏支店管理人室からだが、何せ”寒い”のである。
その後それまでマンション住まいの友人が建売を買ったが、やはり”寒い”という。
最近朝のNHKで、マンションと一戸建ての比較、というのをやっていて、まず、マンションは暖かい、一戸建ては寒い、から始まっていた。
それがいわゆる一般常識なのだろう。
本州の住宅は高温多湿に合わせて風通しが良くなる作りをしているのだそうだが、確かに風通しは良い。何せ寒い。ところが冬には窓に水蒸気がつく日がある。
北海道で言うところの結露である。
風通しが良くて結露とはうそだろうというぐらい、北海道では考えられない。
札幌の自宅は在来工法木造住宅で既に築10年だが、隙間風なぞ考えられない。
セントラルヒーティグだから、冬だって寒いなんてことはない。窓に結露なんて考えられない。
それじゃ壁内部の断熱材などが腐ってくるのでは言うが、昔ならいざ知らず10年前なら十分
考えられた工法になっているとのこと。
札幌だからエアコンはついていないが、仮にエアコンをつけても冷えはバッチリと思われる。
もっとも各部屋に換気のロスナイ(商品名か?)を付け、常に換気は心がけている。
密閉性が高く且つ換気に優れ、夏のエアコンはバッチリ効き、冬暖かく、防音性も高い。
きっと北海道の家はこの点で本州の家より優れていると思う。
建築業界にいる友人もそれは豪語していた。